若者の大愛商品 エリート JET GREEN ボトル 550ml ELITE 自転車 【高知インター店】 ウォーターボトル バイオプラスチック 持続可能

エリート JET GREEN ボトル 550ml バイオプラスチック 持続可能 自転車 ボトル ELITE ウォーターボトル

shunpiking.org,持続可能,エリート,JET,ELITE,GREEN,ウォーターボトル,219円,自転車,/incombustible864393.html,車、バイク、自転車 , 自転車 , 自転車アクセサリー,バイオプラスチック,550ml,ボトル,ボトル shunpiking.org,持続可能,エリート,JET,ELITE,GREEN,ウォーターボトル,219円,自転車,/incombustible864393.html,車、バイク、自転車 , 自転車 , 自転車アクセサリー,バイオプラスチック,550ml,ボトル,ボトル 若者の大愛商品 エリート JET GREEN ボトル 550ml ELITE 自転車 ウォーターボトル バイオプラスチック 持続可能 若者の大愛商品 エリート JET GREEN ボトル 550ml ELITE 自転車 ウォーターボトル バイオプラスチック 持続可能 219円 エリート JET GREEN ボトル 550ml バイオプラスチック 持続可能 自転車 ボトル ELITE ウォーターボトル 車、バイク、自転車 自転車 自転車アクセサリー 219円 エリート JET GREEN ボトル 550ml バイオプラスチック 持続可能 自転車 ボトル ELITE ウォーターボトル 車、バイク、自転車 自転車 自転車アクセサリー

219円

エリート JET GREEN ボトル 550ml バイオプラスチック 持続可能 自転車 ボトル ELITE ウォーターボトル

エリート JET GREEN ボトル 550ml バイオプラスチック 持続可能 自転車 ボトル ELITE ウォーターボトル

JET GREENは、サトウキビから生成された植物由来のバイオプラスチックを使用したELITEの新しいウォーターボトルです。
このバイオベースボトルは、サイクリング製品の製造サイクルをより持続可能なものにするためにELITEが開始したプロジェクトの一つです。
JET GREENは、従来のボトルに比べて環境にやさしいだけでなく、サイクリング中にも実用的です。キャップは、FLYボトルと同様のテクノロジーを備えており、自転車で水分補給している時に、すばやく必要量のドリンクが流れます。スクイーズ可能なボトル本体、実用的なプッシュプルノズルはレースにもトレーニングにも最適です。

※充填ドリンクの最大温度40℃まで
※BPAフリー

▼仕様
容量 550ml
素材 バイオベースプラスチック
直径 74mm












エリート JET GREEN ボトル 550ml バイオプラスチック 持続可能 自転車 ボトル ELITE ウォーターボトル

使いやすいボトルですよ‼︎ちょいとしたライドには丁度良いサイズ‼︎大きさも邪魔にならないし、作りもしっかりしていて長く使えそうです‼︎
ボトル自体に十分柔軟性がありライド中にボトルを絞りやすいしボトルの形状に無駄なクビレがなく洗いやすく衛生的!



これについても、Webで調べた。
著者のだぶさんのホームページに、以下の記述が有った。

これは単結晶のように見えるがそうではなく、
放射状結晶集合(表面に出ている面は六方晶の底面c)らしい。


そうすると、当然ながら結晶図は描けない。
残念!


ツイッター情報では、結晶美術館の在庫が残り少ないそうです。
まだ、未購入の方はお早めに・・・




スポンサーサイト



 2021_02_02


その後、少し思い直して、以下の仮説を立てた。

①格子定数は等軸晶系のまま
②ミラー指数は大きな数の整数になる
 以前に計算した正12面体のミラー指数は{1 0 0.618}なので、
 ={1000 0 618}となる。

つまり、原子の並びが複雑な数列に規則正しく従うならば、
それが1000個以上の複数原子の塊では大きな整数になるだろうという仮説である。




もっとも、何故そんな並びになるのか、何故外形がそれに従うのかは、謎のままであるが、
複数原子から成る大きな塊(ここではブロックとする)の単位では、塊の並びが特別なのだろう。

ちなみに、ざっと計算してみると・・・・
塊(ブロック)の一辺が1000原子で構成されるとし、原子1個の大きさを10nmとすると、
1mmあたりには原子が約100000個≡100ブロック並ぶ。


これだと、ぎりぎり成立しそうな気がするのだが、1ブロックの一辺が0.01mmなので、
高性能な顕微鏡で見えそうな気がする。
もうすこし小さな塊かもしれない。例えば、{100 0 62}とか・・・


今回の謎解きは、ここまでかも知れないなあ・・・



 2021_01_31


準結晶について少し調べてみた。出典は、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』です。
すると、結晶美術館に載っていた図と似た様なのが有りました。

ここからウィキペディア====================================

アルミニウム・パラジウム・マンガン(Al-Pd-Mn)合金の準結晶の原子配列


ホルミウム・マグネシウム・亜鉛(Ho-Mg-Zn)合金の準結晶により生成された正十二面体(正二十面体の双対多面体)

準結晶とは結晶ともアモルファスとも異なる、第三の固体物質ともいうべき状態である。結晶を定義づける並進対称性は持たないが、原子配列に高い秩序性を有している。この研究に大きな貢献をしたダニエル・シェヒトマンに2011年のノーベル化学賞が授与された。

中略

構造として、一次元におけるフィボナッチ数列や、二次元におけるペンローズ・パターンが知られている。このような構造は、高次元空間の結晶構造を、その結晶構造の対称軸に平行でない低次元空間に射影することで得られる。
ここまでウィキペディア====================================

さっぱり分からないが、普通の結晶構造じゃないのは確かで、原子の並びが複雑な数列に従うらしい。
なお、上の写真2枚目の説明で、正十二面体(正二十面体の双対多面体)とあって、
双対多面体(そうついためんたい)が気になったのでウィキペディアで調べると、
「ある立体の頂点と面を入れ替えた立体」とあった。
つまり、

正多面体の双対は、また正多面体になる。その関係は、
  • 正四面体⇔正四面体(自己双対)
  • 正六面体⇔正八面体
  • 正十二面体⇔正二十面体
となるらしい。

下図は、正六面体⇔正八面体の関係を表す図だが、正十二面体⇔正二十面体も同様のルールで表せそうだ。




しかしながら、

何故、正十二面体の説明に、突然、「正二十面体の双対多面体」が出るのか判らない。

つまり、正十二面体の結晶図を、整数のミラー指数で描くヒントになったわけではない。

道は、まだまだ遠い。



 2021_01_31


この本は知っていたのですが、とあるサイトで目次を見て、欲しくなりました。



約100ページもあって、こんなにボリュームが有るとは思っていなくて、入手していませんでした。
今なら、益富さんで、2000円+送料(100円)で入手できます。
同封のページ―の払い込み料が152円だったので、送料は実質252円。
値段の割には大変お買い得な本です。


特に、後の方にある結晶系の話に興味が有りましたが、
期待していた結晶図の話ではなくて、結晶構造的な内容でした。


ざっと読んだ感じでは、以下の2点が私にとっては命題です。
 ①カドミウムの単結晶は6方晶系なのに、等軸晶系の様な自然金の様な形なのは何故?
  同じような結晶図が描けないかトライしましたが、描けませんでした。
 ②準結晶の正5角12面体が載っていました。以前はミラー指数を実数として結晶図を作成しましたが、
  実物として存在するのであればミラー指数は整数と思います。
  そうすると格子定数を変化させることで描けないか試しているのですが、うまく行きません。

当分は、これで楽しめそうです。




 2021_01_20

謹賀新年

Category: 未分類  




コロナが大変なことになっていますが、何とか乗り越えて欲しいです。





01  « 2021_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

アクセスカウンタ

プロフィール

Author:WG管理人
鉱物結晶研究家

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード




pagetop